« MT3.31-jaとNetPBMとPNG | home雑記帳Topへ | N響ほっとコンサート »

2006年08月08日(火)

ジブリ映画『ゲド戦記』観てきました

先日、スタジオジブリの映画『ゲド戦記』を観てきました。
場所はT-JOY大泉。土曜のナイトショーで観ました。空いている上に安く観ることができます(気を抜くと寝てしまう危険性はありますが)。
DLP上映でした。
以下、感想などを少し。
ネタバレは、たぶんありませんが、一応ちょっと改行。


率直な感想:「思ったより良くできてる」
公開から1週間ほど経って、あまり良い評判を聞きませんでしたが、全体としては良くできていると思いました。
原作はちゃんと読んだことがないので、ストーリーに関してはどうこう言いませんが、ベースにある「本当の名前」や「龍」と言った概念は知っていたので、それほど違和感なく観ることができました。
キャラクターや全体の画のクオリティーは、さすがジブリと云えると思います。
音楽もなかなか良かったと思います。自分のイメージとちょっと違うなぁと感じるところは少々ありましたが。
メインテーマ『時の歌』の作曲は、新居昭乃・保刈久明コンビですよ!

しかしながら、「ジブリ映画」を期待して観ると、物足りなさを感じてしまうのは致し方ないかな、とも思います。
素人ながら気になった点をいくつか上げると…。
動きがぎこちなく感じたところがいくつかありました。ジブリ作品は動きにこだわりがあると思っていたので、ちょっと残念。
エンターテイメント性と云う面でも、ちょっと物足りない感じです。どうもいまひとつ突き抜けてないと言うか。アニメですから、動きで「魅せる」演出が欲しいですね。贅沢でしょうか。
あと、劇中に使われる『テルーの唄』、とっても良いんですが、あの場面での使い方としてはちょっと長いと感じました。こだわりがあるのかもしれませんが…。

結論として、個人的には観て良かったと思います。
サントラ買いました!
ぜひ原作を読んでみたいと思っています。
あとからジワジワと効いてくる作品かもしれません。

Posted by Zephyr : 22:25 | カテゴリ 雑記

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://flow.dip.jp/x/mt/mt-tb.cgi/286

コメントをどうぞ