« アルトサックス用ミュート! | home雑記帳Topへ | 吹奏楽のつどい ~ 第52回三鷹市市民文化祭 »

2005年11月04日(金)

楽器フェア

楽器フェアに行ってきました。既に昨日ですが。
会場はパシフィコ横浜みなとみらい線が開通して、東京からのアクセスが便利になりました。
どんなイベントかご存知ない方のために説明しておきますと、いわゆる「展示会」です。有名所では「モーターショー」とかそういうヤツです(雰囲気はかなり違うと思いますが…)。楽器をじかに見たり実際に試奏したり、場合によっては商談したりできます。ありとあらゆるジャンルの楽器が一堂に会して行われます。
前回(一昨年)からこの会場になり、前回は何だか会場をもてあまし気味の感じがあったんですが、今回はもうちょっとしっくりしていた感じがします。ちなみにそれ以前は池袋のサンシャインシティーで行われていました。
自分がこれに行く目的としては、気になる楽器の「試奏」が第一ですね。あとは新しい情報を仕入れたり、デモ演奏を聴いたり。まぁ、色々楽器を触っているだけで楽しいんですが。

で、色々触ってきました。
オーボエは、ヤマハ、ノナカ(マリゴ、ロレー、ヨーゼフ)、クランポン、そしてJ.Michaelのオーボエ(!)も吹いてみました。
ヤマハは以前にもチラッと吹いてみたことがありますが、今回吹いてみてけっこう良い印象をもちました。バランスが非常に良い感じ。音色は更に深みが出た気がします(好みはあるでしょうが)。
マリゴは新製品(M2)が出たのでちょっと期待していたんですが、まだあまりこなれていないのか、印象はいまいちでした。あと、左Fキーが、ちょっと遠い気がします。慣れのせいでしょうか。それとも、使うなと云う事か…。
J.Michaelは、一応(?)木製らしいんですが、塗装されているのか、黒光りしていました。はじめ樹脂製かと思いました…。Red wood bodyと書いてあるので、グラナディラではありませんね。なんとフルオートです。キーのつくりや配置に多少難点がありそうです。音としては、アンサンブルするにはちょっと難しいかな、と感じました。(あくまでも展示品を吹いての感想です。あしからず)
オーボエ以外では、先日書いたアルトサックス用ミュートe-saxが展示されているので、試奏させていただきました。確かに、音量はかなり低減されます。吹いた感じもけっこう自然でした。さすがに低音の方は吹きにくい感じもしましたが、それはもしかしたら使われていた楽器のせいかも…。かなり優れものな事は確かです。重さも、思っていたより軽かったです。米田裕也氏のデモも聴いてきました。ライン出力を拡声してましたが、一部の音でちょっとビビってましたね。ある程度はしょうがないと思いますが…。北山敦康氏も来場されてました。

あと、キーボード・シンセ系もチラッと触ってきました。
気になったものとしては、EWIの新製品、EWI4000s。音源も本体に組み込まれているので、従来の様に音源ユニットにつながれていなくても良く、自由度が高くなってます。音声もワイヤレスで飛ばしてしまえば、配線は全く不要(電池駆動可)。
何となく好感触だったのがRolandのRD-700SX。タッチが好みなのと、内蔵音色も良い感じ。さすがにお値段もなかなかですが…。
他に、篳篥とかも吹いてみました。音は出ますが、それなりに吹くにはかなり練習が必要な感じです。
あー、セルマーのアルトSerieIII忘れてた。

Posted by Zephyr : 01:12 | カテゴリ 音楽

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://flow.dip.jp/x/mt/mt-tb.cgi/228

コメントをどうぞ