« 歌う! トランペット | home雑記帳Topへ | 『はっちゃんて、』展@川崎 »

2004年10月25日(月)

楽器解体全書

ヤマハのサイトの『おんがくういくり』というWebマガジン内で『鳴るほど♪楽器解体全書』というのをやっています。
以前チラッと見たことはあったんですが、すっかり忘れていました。先日たまたま検索で引っかかり再訪問したので、紹介しておきます。
現在はホルンの第3回目。これまでに、リコーダー、サクソフォン、トロンボーン、クラリネット、トランペット、オーボエ、フルート、チューバが紹介されています。
それぞれ、楽器の歴史や構造、発音原理、製造工程、そして雑学などが紹介されていて、なかなか興味深い内容です。まだ一部しか目を通せてませんが。
お時間のあるときにぜひどうぞ。

「がっきかいたいぜんしょ」を変換したら、最初に出たのが「楽器買いたい全書」…。
あながち間違いとも云えない…(苦笑)。

先ほど見てみたら、ホルンの第4回目が掲載されていました。
ホルン吹きには理論派が多いとか。

Posted by Zephyr : 01:21 | カテゴリ 吹奏楽

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://flow.dip.jp/x/mt/mt-tb.cgi/131

コメント (2)

いつも興味深く拝読しています。「鳴るほど・・・」
アクセスしてみました。楽器の開発や修理を担当している人の執筆だけあって面白く読みました。ホルン吹きは理論派が多い・・・ですが、一緒にホルンを吹いているM氏も確かにいつも冷静で理路整然としてますし大学のオケにいたときも、周りはみな理系、まじめな
人たちが多かったような・・・。私は支離滅裂・思いつきでしか考えられない人間なので、例外ですが(笑)

投稿者 ホルン吹き : 2004年10月28日(木)

コメントありがとうございます。昨日は練習おつかれさまでした。
昨日の練習では、やはりホルンは4人揃うとかっこいいな~と思ってしまいました。
ホルン吹きさんも、十分理論派だと思いますよ!

投稿者 Zephyr : 2004年10月31日(日)

コメントをどうぞ