« そのモールスは | home雑記帳Topへ | 1ヶ月経ってしまいました »

2004年03月26日(金)

ネコカルwith小峰公子に行ってきました

昨日25日は斎藤ネコカルテットLive@吉祥寺MANDA-LA2でした。
今回のゲストは小峰公子さん。この間のZABADAKのライブで知りました。
私はネコカルライブへ行くのはこれで3回目かな。たぶん。ゲストが小峰さんの時と吉良さんの時に行きました。

雨の中、開場18:30の10分前くらいに会場入り口に着いたんですが、ほとんど誰もいません。開場時に居たのは全部で5人だったか。開演まで軽食を取って待ちました。チキンバスケットおいしかったです。
開演時には席もそこそこ埋まっていい感じ。開場~開演の間にも、出演者が出入りしたり飲んでたり(^^;。いい会場です。

さて、開演になり、いつものように(?)グラスと煙草持参でまったりとメンバー入場。もちろん衣装はパジャマ。ネコの刺繍付きでした。
前半はネコカルのみステージ。まずメンバーの自作曲を1人1曲ずつ。藤森さんの曲が謎だけど面白かったです。それから他の作曲家によるオリジナル曲数曲。「ネコと一緒に」だったかな、楽しい曲でお気に入りです。
曲間では、山田・藤森のN響組がMCをよそ目に次の日から新国立劇場で本番のワーグナーの練習をしておりました。

そして、休憩をはさみ、後半。
の前に、斎藤ネコプレゼンツ「イエノミー弦楽四重奏団」のLive告知。同じくMANDA-LA2で4月19日だったかな。チェロの方が出てちょっとしゃべった後、ネコカルメンバー(チェロ藤森さんはお休み)と1曲やって終了。
そして後半。
まずはZABADAKの「桜」。けっこう大変そうでした。
それから小峰さん登場。いきなり「アヴェマリア」で予定外の展開っぽくはじまり、聴きに来ていた西山水木さんが飛び入り参加。
MCでは、小峰さんがTCKのCF用に歌を録ったとき、名前が「トゥインクルさん」になっていたとかで盛り上がる。これからはトゥインクルさんと呼ぼう。
アンコールもすごかった。
これまた予定外っぽい「タンゴなんちゃら物語」(だれか正式タイトル知りませんか)、しかも突然ネコカルが「現代曲っぽくやるとどんな感じ?」みたいな乗りではじめちゃったんで、すごい事になってました。それに対抗(?)する小峰さんもすごかった。面白かったです(^^;
そしてもう一曲アンコールはネコカルで「ルパン三世」。かっこよかったです。

終演後、『palette』のライナーノートに小峰さんとネコさんのサインをいただいちゃいました。ありがとうございます!

あと、折り込みのチラシに、ZABADAKライブのチラシが入っていました!
まだオフィシャルページにも書いてないけど、書いちゃって良いのかな…。チラシが入ってるくらいだから良いっか。ということで…。

ZABADAK 「Wonderful Live vol.2」
STB139(スイートベイジル)
2004年5月15日(月) 18:00開場 20:00開演
(ファンクラブ優先入場)

出演は、吉良知彦、小峰公子、斎藤ネコ、楠均、だそうです。アコースティック系な感じですね。
既に、STB139のサイトで予約できる模様です。
予約しちゃおっかな~。でも、月曜日なんだよな…。微妙。でも行きた~い!

Posted by Zephyr : 17:57 | カテゴリ 音楽

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://flow.dip.jp/x/mt/mt-tb.cgi/78

コメントをどうぞ