« i-Card typeF1購入 | home雑記帳Topへ | カンガルーの恩返し »

2003年09月18日(木)

ssh更新

Three new Security Advisories released
NetBSDのセキュリティー情報。日本語の情報は ここらへんかな。
sshdは影響不明らしいけど、対応しとかなきゃね。
ソースツリーから素直にアップデートできるかな…? 今使ってるsystemのソースツリー結構古いからなぁ。 とりあえずpkgsrcから入れるかな。
ibcs2オプションは使ってないのでとりあえずok。
sysctlかぁ…。まぁ、ローカルユーザって云っても自分しかいないんだけど。 ちょっと保留(ぉぃぉぃ)。
ぼちぼち新しいカーネルにしないとダメかなぁ。

pkgsrcから入れようかと思っていたsshですが、ソースツリーからの更新をやってみました。 手順メモを残しておきます。
手元のソースツリー(現在使用中のシステムを構築した物)のバージョンは1.6Kです。
cvs login
cd src/crypto/dist/ssh
cvs update -dP
cvs update -r 1.11 sshlogin.c
cd ../../../usr.bin/ssh
cvs update -dP
make USETOOLS=no MKKERBEROS4=yes NOGCCERROR=1 SUPPORT_UTMPX=1 dependall
sudo make USETOOLS=no MKKERBEROS4=yes install
sshlogin.cはライブラリと整合がとれなかった(getlastlogxの引数)ので、 ひとつ前のバージョンに戻ました。
makeに付いている定義(USETOOLS以外)は、コンパイルを通すために必要です。 (includeやmkファイルの違いを吸収するため)
これで何とかコンパイルが通りました。一応ソースを見て大丈夫そうなのは確認してますが、 保証はできませんので、念のため。

Posted by Zephyr : 17:21 | カテゴリ NetBSD

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://flow.dip.jp/x/mt/mt-tb.cgi/33

コメントをどうぞ